ピンボール戦車少女

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予(yu)約不要(yao)、24時間対(dui)応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について
  • パーパス・ビジョン
  • 企業情報
  • 企業市民活動
  • 組織・研究機関
  • 企業見学
  • 企業基盤

CYBER EMERGENCY CENTER サイバー救急センター

サイバー救急センター

企(qi)業(ye)や団体(ti)がインターネットに接続(xu)され、業(ye)務(wu)遂行(xing)にネットワークを活用することがあたり前となるとともに、サイバー攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)とその被害件数は急(ji)速に拡大しました。ラックはこれまで、サイバー攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)をいかに防(fang)ぐかという点において、脆弱性(xing)の研究(jiu)や攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)手(shou)法(fa)の分析を続(xu)けてきましたが、攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)者(zhe)の狙いや攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)対象の拡大にあわせ、標的型攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)など秘密裏に行(xing)われる攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)が頻発することにより、サイバー攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)を防(fang)ぐことができない場合があることを前提に、被害を最小にとどめるという考えに行(xing)き着きました。そこで、サイバー攻(gong)(gong)(gong)(gong)撃(ji)による被害を受けた企(qi)業(ye)や団体(ti)に対しての支援を行(xing)う専(zhuan)門(men)組織として設立(li)されたのが、「サイバー救急(ji)センター」であり、緊急(ji)対応サービス「サイバー119」です。

サイバー救急センターは、セキュリティ侵(qin)害を受(shou)けたもしくは受(shou)けた懸念がある被害者からの相談を、24時間365日受(shou)付しており、まさに救命救急センター(ER)と同様の体制を敷(fu)いています。サイバー救急センターの専門部隊は現在約(yue)30人。いずれもインシデントハンドリング、ネットワークフォレンジックやコンピュータフォレンジック、コンピュータウイルスの解析(xi)等に長(chang)けたセキュリティ専門家であり、セキュリティのエキスパートが集(ji)うラックの中(zhong)でも精(jing)鋭(rui)中(zhong)の精(jing)鋭(rui)と言える組織です。

サイバー救急センターが提供する「サイバー119サービス」特徴

サイバー救急センターが提供(gong)する「サイバー119サービス」では、被害を受けた企業への電話による相談(tan)対(dui)(dui)応を行(xing)い、現(xian)場(chang)での緊急対(dui)(dui)応が必要な場(chang)合(he)には専門のコンサルタントを派遣、原(yuan)因追(zhui)及(ji)が必要な場(chang)合(he)には追(zhui)跡(ji)調査を行(xing)い、緊急対(dui)(dui)策(ce)が必要な状況(kuang)の場(chang)合(he)には速やかに対(dui)(dui)策(ce)を打ち、社会問題の場(chang)合(he)には対(dui)(dui)外コミュニケーションのあり方(fang)を指南するなど、被害企業のCSIRT活動を多方(fang)面で支援しています。騒(sao)動が治まってからは、恒久的な対(dui)(dui)策(ce)についても相談(tan)を受け、セキュリティ対(dui)(dui)策(ce)を検討するなど総合(he)的なセキュリティ対(dui)(dui)策(ce)サービスを提供(gong)しています。

サイバー119サービスの主の目的は、ずばり「事業へのダメージを最小化する」ことにあります。
たとえばネット企(qi)業(ye)の場合、サイバー攻(gong)撃(ji)(ji)の被害(hai)による信用の失墜は企(qi)業(ye)の存続問題となります。当然事(shi)業(ye)を停(ting)止して調査を行(xing)うことで、企(qi)業(ye)体力は削り取られてゆきます。サイバー救急センターは、攻(gong)撃(ji)(ji)を受けた箇所を速やかに調査し、一時的(de)な対策を行(xing)ったうえで可(ke)能(neng)な限り事(shi)業(ye)を継(ji)続させつつ根本的(de)な原因調査を行(xing)い、恒久的(de)な対策についても支援することで、もとの平静な事(shi)業(ye)運営に加えて、より安心・安全な状態での再開を目指しています。

ラック サイバー救(jiu)急(ji)センターが対(dui)(dui)(dui)応(ying)した緊急(ji)対(dui)(dui)(dui)応(ying)件数はすでに2000件を超え、その対(dui)(dui)(dui)応(ying)及び報告は監督省庁や金融機関(guan)(guan)、セキュリティ関(guan)(guan)係機関(guan)(guan)からの高い信頼をいただいており、ラックが支(zhi)援や調(diao)査することでインシデント対(dui)(dui)(dui)応(ying)は前向きに進みだします。

サイバー救急センターの活動の成果

2000年(nian)(nian)にコンピュータウイルス被害(hai)が急(ji)拡(kuo)大したことを受け、感染被害(hai)や情報(bao)漏えい問題への救急(ji)対(dui)応(ying)をコンサルティングサービスが要(yao)望に応(ying)じて対(dui)応(ying)していたものが、被害(hai)発(fa)生の頻度が拡(kuo)大したことを受け2005年(nian)(nian)に「個人情報(bao)119」を開始し、2009年(nian)(nian)には「サイバー救急(ji)センター」を設立しました。サイバーセキュリティに関する緊急(ji)対(dui)応(ying)サービスとしては、日本国(guo)内の老(lao)舗(pu)的存在です。対(dui)応(ying)記録を刷新(xin)した2011年(nian)(nian)からの対(dui)応(ying)件(jian)数(shu)は1500件(jian)を超えており、国(guo)内で報(bao)道されているサイバー攻撃事件(jian)に関して、多くの件(jian)でサイバー救急(ji)センターが調査を行うなど、社会問題を解決する取り組みを積極的に展開しています。

「サイバー119サービス」が調査し判明した事実、たとえばマルウェアが接続するサーバーの情(qing)(qing)報や収集する情(qing)(qing)報の内容、マルウェアそのものの特徴などの情(qing)(qing)報は、ラックが運(yun)営する日本最大(da)級のセキュリティ監視センター「JSOC」でのセキュリティ監視の情(qing)(qing)報として活(huo)用(yong)されます。また、不正なURLの情(qing)(qing)報などは他社のセキュリティ機器の不正サイト情(qing)(qing)報として活(huo)用(yong)されたり、Cyber GRID Viewといったセキュリティ情(qing)(qing)報として、多くの方に知見(jian)の共有が行われています。

社長メッセージ
Top Message 社長メッセージ

詳しく見る

page top