ピンボール戦車少女

LAC WATCH

セキュリティとITの最新情報

RSS

株式会社ラック
サービス・製品 | 

人事部門必見!大手法人向け統合人事システム「COMPANY®」(カンパニー)導入奮闘記

シェアボタンを表示

SE統括部で「COMPANY®」データ移行・開発サービスを担(dan)当する清(qing)野です。

大手企業であるA社に大手法人向け統合人事システム「COMPANY®」を新規導入するため、現(xian)行の人事・給与システムからのデータ移(yi)行を支援(yuan)することになりました。その後(hou)、データ移(yi)行において様(yang)々な課題が発生しましたが、無事に本番稼(jia)働を迎えることができました。本記事では、1年以上に渡る移(yi)行作業の道のりを記載します。

ラックが「COMPANY®」導入時のデータ移行を支援した背景

通常、「COMPANY®」を新規に導入する場合、「COMPANY®」の各プロダクトの設定に合わせて、現行(xing)(xing)システムからデータ移(yi)行(xing)(xing)を実(shi)施します。お客(ke)様にて現行(xing)(xing)システムからデータを抽出(chu)してデータ移(yi)行(xing)(xing)を実(shi)施しますが、お客(ke)様側(ce)で作業工数を割くことができない、または変(bian)換(huan)ツール作成など技術的部分で課題(ti)がある、などの場合はラックのようなソリューションパートナーが移(yi)行(xing)(xing)作業を支援いたします。

ラックでは、大手派遣会社の人事管理システムにおけるシステム開発、運用・保守作業の実績を豊富に有しておりました。それらの実績を通して、人事・給与、就労といった領域の業務スキルを蓄積していたため、A社のデータ移行案件を「COMPANY®」の販売(mai)元(yuan)である株式会(hui)社Works Human Intelligence(以(yi)下、WHI社)からの紹介を受(shou)け、スキルやノウハウをもったメンバーで体制を組成し、データ移行(xing)作業を開(kai)始(shi)したのが背景になります。

A社のデータ移行の規模(mo)感は以下となります。

  • 人事、給与、Web、就労の利用で約40データ
  • 移行対象員数は、約10,000名
  • 発令数は、約100,000件

要件定義で実施したこと

「COMPANY®」の新規(gui)導入支(zhi)援はWHI社、現(xian)行(xing)システムからのデータ移行(xing)はラックが担当する体制でプロジェクトを進(jin)めました。開始(shi)より数(shu)ヶ月は、通常のシステム構(gou)築と同様(yang)で要(yao)件(jian)定義に入ります。

プロジェクトを開始した始めの2ヶ月は、導(dao)入側(ce)は基本計画フェーズのため、各(ge)プロダクト(人事・給与、就労、Webサービス)の利(li)用情報(bao)のヒアリングを実(shi)施しました。データ移(yi)行側(ce)は各(ge)プロダクトの打合せに参(can)加(jia)し、進め方の確認や情報(bao)の共(gong)有をします。

その後、導入側は詳細計画フェーズに入ります。現行システムの項目と「COMPANY®」の画面項目を結びつけるマッピング作成を行うため、データ移行側は実質的な要件定義を開始しました。データ移行に向けて現行の情報ソースを集め、必要な移行プログラムを作成し、「COMPANY®」へ登録することが目的となるので、要件(jian)定義ではデータ移行用のマッピング作業と移行方式の検討(tao)を実施(shi)しました。

データ移行用マッピングと移行方式の検討

各プロダクトで作成した項目のマッピング資料をベースに、現行システムからファイルとして抽出した複数の情報ソースと、「COMPANY®」の情(qing)報(bao)項目(mu)を結びつけるデータ移行用マッピングを作成しました。このデータ移行用マッピング資料が、次工(gong)程(cheng)のデータ移行プログラム設計のインプットとなります。また、現行システムから抽出した情(qing)報(bao)ソースをA社(she)から提供いただき、情(qing)報(bao)ソースの内容確認と必(bi)要であればデータのクレンジングや不(bu)足データの補完を依頼(lai)しました。

データ移(yi)行(xing)方式の検討(tao)を進めるにあたり、移(yi)行(xing)プログラム言語は比較(jiao)的開発体制が組(zu)成しやすいJavaに決定しました。データ移(yi)行(xing)で使用するDBの選択(ze)は、通(tong)常であればMySQLやPostgreSQLとするところですが、データ移(yi)行(xing)用のみのDBで用途が限られていることを考慮(lv)し、インストール作業(ye)が不要(yao)なSQLiteを選択(ze)しました。

データ移(yi)行プログラムの設計から開発、テストの工程(cheng)は、通常のプログラム開発と変(bian)わらない作(zuo)業になります。

「COMPANY®」の設定(ding)作(zuo)業(ye)は、予め設計(ji)した現行(xing)システムとのデータマッピングに従って作(zuo)業(ye)を進(jin)(jin)めていきますが、アジャイル的な手法で進(jin)(jin)んでいくため、どうしてもデータ移行(xing)プログラム開発(fa)工程とギャップが生(sheng)じます。このギャップをいかに最小(xiao)限(xian)にしながら進(jin)(jin)めていき、開発(fa)、テスト工程における手戻り作(zuo)業(ye)の影響を小(xiao)さくしていくかが、とても重要になってきます。ラックでは言うなれば、ウォーターフォール型+アジャイル型のハイブリッド型で工程計(ji)画を設計(ji)段階で立案し、作(zuo)業(ye)を進(jin)(jin)めていきました。

一方(fang)で、開発におけるシステムアーキテクチャーについても工夫をしました。通常の業務系アプリケーション開発においては、Webシステムを簡素化するために何かのJavaのフレームワークを適用するのですが、今回のデータ移行プログラムはバッチ処理のみであるため、フレームワークは適用不要と判断してPure Javaを用いた開発を実施しました。

テストはローカル環境で単体テストを実施し、その後「COMPANY®」の検(jian)証環境にデータを登(deng)録(lu)、テスト作業を実(shi)施しました。テスト移(yi)行(xing)では、現(xian)行(xing)システムから抽出したデータを使用(yong)し、検(jian)証環境に登(deng)録(lu)完了(le)した情報(bao)をA社に確認いただきました。

今(jin)回、通常の開(kai)発(fa)工程とは異なるハイブリッド型で進めたため、課(ke)題も発(fa)生しましたが、ラックにとって多くの知見が得(de)られたと感じております。

移行データを「COMPANY®」へ投入する

「COMPANY®」は、組織情(qing)報(bao)等のマスタ情(qing)報(bao)を設定後(hou)、発令情(qing)報(bao)を登(deng)録(lu)することで後(hou)続の情(qing)報(bao)の登(deng)録(lu)が可能となる仕組みです。この発令情(qing)報(bao)の登(deng)録(lu)のテスト移行に大きな山場が待っていました。

A社の発令情報はかなり複雑であるため、A社の人事部門リーダー、およびWHI社の業務コンサルと共に対応にあたりました。発令情報の登録は、現行の人事システムの情報を基に「COMPANY®」の情報形式(shi)にするため、発令(ling)情報を新たに作り上(shang)げる作業が必要でした。そのため、テスト移行(xing)当初は各発令(ling)に不(bu)整合が発生し、多数のエラーが発生してしまったのです。その後、エラーのパターン分けを行(xing)いつつ、一つ一つ原(yuan)因を解明(ming)し、移行(xing)プログラムを改良(liang)していきました。

発令(ling)情報(bao)の取込み開始当初(chu)は、A社とラックの担当者が対応検討会を開催し、エラーの解(jie)消(xiao)を実施しました。この期(qi)間が、今回(hui)のデータ移行の山場だったと感(gan)じます。

発(fa)令情報の取(qu)込み以(yi)降(jiang)は、後続の情報をテスト移行(xing)(xing)後にA社(she)に結果を確認いただき、本番環境(jing)へのデータ移行(xing)(xing)をします。本稼働へ向(xiang)けて最終的なデータ移行(xing)(xing)を実(shi)施(shi)し、問題が発(fa)生したら都度解消しながら進め、A社(she)で実(shi)施(shi)される本稼働判定(ding)会(hui)議へ臨みました。

結果、Web Service領(ling)域において、いくつかの海外(wai)拠(ju)点(dian)からの利用で想定(ding)通りに動作しない事象が発生(sheng)し、一部条件付(fu)きとなりましたが無事「承(cheng)認」の運(yun)びとなりました。給与(yu)領(ling)域においても、判定(ding)会議により承(cheng)認され、計画通り本稼働を実現することができました。

おわりに

A社の「COMPANY®」導入におけるデータ移行では、プロジェクト全体を通して「COMPANY®」へ登録した移行情報の洗(xi)い替えといった、プロジェクトの進捗に大(da)きな影響を与えてしまうような問題は発生(sheng)しませんでした。内(nei)心(xin)はそんなことも発生(sheng)するかもしれないと、不安の気(qi)持ちは拭えませんでしたが......。大(da)きな問題が発生(sheng)しなかった要因としては、WHI社とラックのしっかりとしたプロジェクト体(ti)制(zhi)、また、なによりA社の積極的な協力体(ti)制(zhi)が挙げられると思(si)います。

「COMPANY®」の導(dao)入プロジェクトは通常のシステム導(dao)入とは異なり、IT部(bu)門(men)(men)中心ではなく人事部(bu)門(men)(men)が主(zhu)体となって進めます。A社では、人事部(bu)門(men)(men)の方(fang)が各(ge)プロダクトのリーダーとなり、大きな責任感を持ってプロジェクトを推進したという点と、A社とWHI社、およびラックを含(han)めたコミュニケーションプランを確立し、1年以上に渡るプロジェクト運営(ying)を円滑に推進できたという点が、計画通りに本(ben)稼働できた大きな要因であると感じております。

人事・給与システムは、企業にとっての根幹に関わるシステムであるため、各社固有の規定や複雑な業務運用があります。しかし、「COMPANY®」という統合人事システムを導入することで、固有の規定への柔軟な対(dui)応や業務(wu)運(yun)用の効率的な改善といったことも可能になりますので、今後ますます導入が進んでいくと思(si)います。

ラックは今回の案件で得られたノウハウ、知見を活かし、今後益々「COMPANY®」データ移行・開発サービスを確立、拡充し、お客様への支援を提供していきます。

プロフィール

清野 弘之

清野 弘之
1986年のラック設立から関わってきて、早37年。
長年、システム開発に携わってきて、2021年から「COMPANY®」(カンパニー)関連のSI案件業務に携わっています。「COMPANY®」データ移行・開発サービス関(guan)連情報(bao)を発信(xin)していきたいと思います。

「統合人事システム『COMPANY®』向けデータ移行・連携システム開発」に関するお問い合わせ

この記事(shi)は役(yi)に立ちましたか?

はい いいえ