ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組織(zhi)のセキュリティ事(shi)故(gu)発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間(jian)対応(ying)

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

監視・運用

JSOC マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

JSOCのマネージド・セキュリティ・サービス(MSS)とは、2001年にスタートしたお客様(yang)のセキュリティ対策を大幅に向上させるセキュリティ監視・運用(yong)サービスです。長年の経験を持つラックの専門(men)家(jia)たちが、複(fu)雑なセキュリティ監視機器を運用(yong)し、日々進化するサイバー攻(gong)撃からインシデントを防(fang)止します。

Firewall 監視・運用

Firewall製品で検知したサイバー攻撃を、JSOCの専門アナリストが、24時(shi)間365日の監視・分析(xi)(xi)を行います。境界防御を行うシステムであるFirewall製品を用(yong)いた適(shi)切な監視・運用(yong)、アラート分析(xi)(xi)、詳細(xi)な調査結果(guo)報告書まで専門アナリストが支援します。

IDS/IPS 監視・運用

不正侵入検知・防御サービスであるIDS/IPS(Intrusion Detection System/Prevention System)製品を活用(yong)し、お客様のシステム環(huan)境を監(jian)視(shi)・運(yun)用(yong)します。JSOCのセキュリティ専門家が24時間365日監(jian)視(shi)を行い、判断の難(nan)しいアラートの分(fen)析と影響を判断し、対(dui)処します。インシデント対(dui)応、調(diao)査を含めたお客様のセキュリティ対(dui)策をサポートします。

EDR 監視・運用

エンドポイントのセキュリティ機器であるEDR(Endpoint Detection and Response)製品を活用し、ラックのセキュリティ専門家がお客(ke)(ke)様環(huan)境を監視・運(yun)用します。24時間365日の監視・分析(xi)を行い、インシデントが発(fa)生した際の初動対応(ying)、影響(xiang)調査、結果報告までお客(ke)(ke)様のセキュリティ対策(ce)をサポートします。

サーバーセキュリティ 監視・運用

トレンドマイクロ社(she)のサーバセキュリティ対(dui)(dui)策製(zhi)品「Deep Security」を対(dui)(dui)象に、ラックが運営する日本最大級のセキュリティ監視(shi)センター「JSOC」の専門アナリストが、24時間体(ti)制(zhi)でセキュリティ監視(shi)・分析(xi)を行うサービスです。

マルウェア対策製品 監視・運用

「FireEye」製品の運用管理(li)は専門的な知識が必要(yao)とされ、そのようなセキュリティ製品を、高(gao)度(du)な知識とノウハウをもって運用管理(li)を実施してきた「JSOC」のプロのセキュリティエンジニアが常(chang)に適切な状態に維持します。

NDR 監視・運用

NDR(Network Detection and Response)製品で検知したサイバー攻撃を、JSOCの専(zhuan)門(men)アナリストが、24時間365日(ri)の監(jian)視(shi)(shi)・分析を行います。AIを利用しネットワーク全体を可視(shi)(shi)化し分析、専(zhuan)門(men)アナリストが支援します。

クラウドWAF 監視・運用

WebアプリケーションをDDoS攻(gong)撃や脆弱性を狙った攻(gong)撃などから防御するセキュリティ対策(ce)ソリューションに、セキュリティ監視・運(yun)用(yong)を組み合わせ、分散する複数のWebサイトに高度なセキュリティ対策(ce)を一括(kuo)で適用(yong)できるサービスです。運(yun)用(yong)はラックの専門家が担(dan)うため、お客様(yang)が本(ben)来の業務にリソースを集中(zhong)する余裕が生まれます。

運用支援

Akamai EAA運用支援サービス

テレワーク導(dao)入(ru)やクラウド移(yi)行(xing)により、企業(ye)のシステム環(huan)境(jing)が急(ji)速に複雑化しています。システム管(guan)理者にセキュリティの確保とシンプルな運(yun)用方法の両立が求められる中(zhong)で、Akamai EAAの導(dao)入(ru)とラックの運(yun)用支援がそれを実現します。安全(quan)な統合(he)認証(zheng)基盤を軸に、運(yun)用管(guan)理を最適化します。

Akamai SIA運用支援サービス

様々な端(duan)末(mo)(mo)が社内外の多(duo)様な場所からインターネットに接続する昨今、利(li)用場所を問(wen)わない端(duan)末(mo)(mo)の防(fang)御が必(bi)要です。Akamai SIAは端(duan)末(mo)(mo)からのDNSクエリの評価(jia)やペイロード分析など複数の防(fang)御手法とラックによる機(ji)能強化(hua)により、セキュリティ脅(xie)威(wei)から端(duan)末(mo)(mo)を保護します。

AWS Shield Advanced導入・運用サービス

「AWS Shield Advanced導入・運(yun)用(yong)サービス」は、AWS Shield Advancedを適用(yong)している環境を24時間365日運(yun)用(yong)監(jian)視し、お客様(yang)をサポートします。お客様(yang)が直(zhi)接AWS Shield Advancedを運(yun)用(yong)する負荷を軽減(jian)し、AWS Shieldレスポンスチーム(SRT)あるいはラックのサイバー救(jiu)急センターへエスカレーションをします。

AIクラウドセキュリティ運用支援

Amazon Web Services(AWS)をはじめとしたパブリッククラウド上(shang)で、ネイティブ機能(neng)として提(ti)(ti)供されるWebアプリケーションファイアウォール(WAF)に、AI+スレットインテリジェンス(脅威(wei)情(qing)報収集分析)エンジンである「Cloudscort(クラウドスコート)」と、ラックが開発したセキュリティ監視(shi)運(yun)用(yong)(yong)ソリューション「LAC Falcon(ファルコン)」が連携します。WAFに加え、NFW(ネットワークファイアウォール)、CSPM(クラウド設定管(guan)理)、VM(脆弱性管(guan)理)といった機能(neng)を提(ti)(ti)供し、重要性が高まるクラウド環境を対(dui)(dui)象(xiang)にしたサイバー攻撃に対(dui)(dui)して、ネイティブ機能(neng)を用(yong)(yong)いた防(fang)御力の向上(shang)と運(yun)用(yong)(yong)負担(dan)の軽減を支援します。

JSOC 内部脅威検知サービス

「JSOC 内部脅威検知サービス」は、企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不適切な情報持出し等の内部不正に関連するリスクを検知するサービスです。​PC利用やWebアクセス状況、メール・アプリケーションの利用状況を監視し、AI(機械学習)により人の目では補足しきれない異常行動を検知します。
※ 本サービスは弊社がプライベートSOC(お客(ke)様専用のセキュリティオペレーションセンター)を提供(gong)させて頂(ding)いているお客(ke)様を対(dui)象としたサービスです。

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top