ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相(xiang)談は予(yu)約(yue)不要(yao)、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

JSOC マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)

IDS/IPS 監視・運用

Monitoring & Operation

JSOCがお客様のセキュリティ環境を監視・分析・対応をサポートします

不正侵入検(jian)知(zhi)・防御サービスであるIDS/IPS(Intrusion Detection System/Prevention System)製品を活用し、お客様(yang)のシステム環境を監視・運(yun)用します。JSOCのセキュリティ専門(men)家が24時間365日監視を行い、判(pan)断の難しいアラートの分析と影響を判(pan)断し、対(dui)処します。インシデント対(dui)応、調査を含めたお客様(yang)のセキュリティ対(dui)策をサポートします。

サービスの強み

長年の実績と豊富な知見を持つ
JSOCのセキュリティ専門家(jia)たちのIDS/IPS 監視・運用

IDS/IPS製品を活(huo)用(yong)してサイバー攻撃への防御を検討(tao)しているお客様に最適(shi)なサービスです。IDS/IPS(Intrusion Detection System/Prevention System)とは、ネットワーク内の不(bu)正通信や攻撃を検知(zhi)、防御する機能を持つシステムです。

JSOC マネージド・セキュリティ・サービス(MSS)では、お客様環境に導入されたIDS/IPS製品の監視、運用、サポート対応を、JSOCが24時間365日リアルタイムで実施します。

JSOC MSS IDS/IPS 監視・運用サービスの特徴

  1. 自社運用が難しいIDS/IPSの
    適切な管理・運用
    IDS/IPSの正常性、脅威アラートを24時間365日常時監視します。お客様は誤検知や過検知に煩わされず、よりビジネスに直結した業務を遂行できます。
  2. セキュリティ専門家による
    アラート分析と影響範囲の特定
    発生した脅威アラートに対して、ラック専門アナリストが過去のインシデント情報を活用し、調査・分析します。セキュリティエキスパートの手を介することにより、誤検知/過検知についても可視化し、アラートだけでは判断できない影響範囲を特定します。
  3. 充実したWebポータルと
    詳細な調査結果報告書
    アラート発生状況、調査状況などが分かるお客様専用のWebポータルサイトをご用意。原因の分析結果から、今後の取るべき対応までまとめた、充実した調査結果報告書をお渡しします。

サービス内容

IDS/IPS製品を活(huo)用してセキュリティ運用・監視、サポート対応を24時間365日リアルタイムで実施いたします。

IDS/IPS監視・運用サービスの概要
基本サービス 内容
アラート監視 誤検知を除いたセキュリティアラートから、お客様にわかりやすく通知します
脅威分析 発生したアラートを簡易的な診断や疑似攻撃で分析を行い、本当にお客様環境に影響のあるものだけを振り分けます
システムの稼働監視 機器に対し、常時疎通確認・ログの到達確認を行い、異常があればお客様にご連絡します
障害対応 監視対象機器に障害が発生した際、障害箇所の切り分けを行い、サービスの復旧対応にあたります
シグネチャ更新/ポリシーチューニング メーカーリリースされるシグネチャの適用作業を実施します
JSIGの提供 JSOCにて独自に開発しているシグネチャを通用し、検知パターンを向上させます
ソフトウェアバージョンアップ 機器のソフトウェアにバージョンアップが必要な場合には、JSOCのエンジニアがリモートにてアップデート作業を実施します
緊急時の連絡と対策支援 お客様環境に影響がある攻撃が発生した場合、即座にお客様へ電話にてお知らせし、状況と推奨する対策をご提示します
Webポータル お客様専用のWebポータルを用意し、検知状況や調査結果が確認ができます
月次レポート 分析傾向やアラート情報を毎月レポートとして発行します。登録端末数等について月次でレポート提供します
お問い合わせ窓口 電話、メール、チケットからお客様をサポートします

※ ソフトウェアアップグレードオプション、応(ying)急対応(ying)オプションなど様々なオプションもございます。お気軽(qing)にお問い合わせください。

対象製品

本(ben)サービスでは下記の製(zhi)品・監視サービスに対応しております。

対応製品名
Fortinet FortiGate
Trellix Intrusion Prevention System
Cisco Secure Firewall Threat Defense
VMware NSX

※ IDS/IPS機(ji)器を貸出するサービスもご用(yong)意しております。

Webポータル・月次レポート例

検知状(zhuang)況や調査(cha)結果をWebポータルで確認(ren)できるほか、分析傾(qing)向やアラート情(qing)報(bao)などを月(yue)次レポートで確認(ren)いただけます。

IDS/IPS監視・運用サービスのWebポータル・月次レポート例

よくあるご質問

IDS/IPSとは何ですか?
IDSとは、「Intrusion Detection System」の略称であり、ネットワークやシステムの通信を監視し不正な通信を通知します。
IPSとは、「Intrusion Prevention System」の略称であり、IDSの機能だけでなく不正な通信をブロックします。
IDS/IPS 監視・運用サービスを活用するメリットは何ですか?
IDS/IPS製品の運用は、アラートの誤検知や過検知が多く、発生した際の対応が難しいという課題があります。アラートが誤検知なのか、重大なインシデントなのかを判断するには、攻撃に対する知見と経験値、そして技術力が必要になります。本サービスを利用することで、アラートの対応やセキュリティに関する管理や監視の負担を軽減し、他の業務にリソースを当てられます。加えて、JSOCのセキュリティエキスパートが発生したアラート内容を分析、影響判断から対処まで実施するため、インシデント発生後も迅速な対応が可能です。
Fortinet社のFortiGateは対応していますか?
対応しております。他にもCisco社のFirepower製品にも対応しております。どちらも他のセキュリティ対応機能を搭載しており、お客様ニーズに合わせて柔軟にカスタマイズ可能です。
サービス対応時間を教えてください
監視・運用からサポート体制まで24時間365日で対応しております。
導入から運用までの詳しい流れを知りたいです。
お客様情報などのヒアリングを実施し、お客様情報を弊社システムに登録します。その後、システム連携作業を行いサービスを開始いたします。サービス開始の期間など、お客様がご利用の環境に応じて対応するため、お気軽にお問い合わせください。

価格

お客様(yang)のご依頼(lai)内容(rong)や環境(jing)によりますので、個(ge)別にお見(jian)積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

「IDS/IPS 監視・運用」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top