ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

ラックセキュリティアカデミー

ラックセキュリティアカデミーについて

ラックセキュリティアカデミー

情報(bao)セキュリティを確保する上で最も重要なことは、高度(du)なセキュリティソリューションやマネジメントシステムを理(li)解し実践(jian)(jian)できるプロフェッショナル人(ren)材の育成といわれています。ラックセキュリティアカデミーでは、幅広いセキュリティ分野においてそれぞれ専門性の高い講師陣による実践(jian)(jian)的(de)な情報(bao)セキュリティ教育を行っています。

ラックセキュリティアカデミーのロゴは、ラックの語(yu)源である地球(qiu)(Little eArth)を象(xiang)った球(qiu)体を軸(zhou)に、基礎教(jiao)育(yu)から専(zhuan)門教(jiao)育(yu)へと段(duan)階(jie)的に受講することでステップアップできるという意味が込められています。また入り組んだカラーは「JSOCや研究(jiu)所(suo)、緊急対応(ying)チームの各専(zhuan)門分野の知識や技術(shu)が集約された教(jiao)育(yu)」であることも象(xiang)徴しています。

ラックセキュリティアカデミーが提供するセキュリティ人材育成

多(duo)くの企業(ye)において、組織のセキュリティは情報(bao)システム部門や運用(yong)チームが中心となり支(zhi)えています。しかしセキュリティ対策には高(gao)度な専門知識(shi)が求められるうえに、使用(yong)する情報(bao)システム全般(ban)の幅広い知見も必要となります。しかし、セキュリティ対策のコストは無(wu)尽蔵に捻出できるわけではなく、高(gao)度化するセキュリティ製(zhi)品やセキュリティ専業(ye)企業(ye)の技術支(zhi)援を依頼するコストも無(wu)視できません。

ラックセキュリティアカデミーは、セキュリティ教(jiao)育を組織全体が取り組む活動と考え、セキュリティ対(dui)策の過(guo)剰や不足にならないようバランスを整えたセキュリティ強化を目標とするため、次(ci)の二つの指針により人材育成サービスを提供しており、セキュリティ対(dui)策部門だけの教(jiao)育ではなく、組織全体としてセキュリティ力を高めるための教(jiao)育支援を行います。

  • 一般社員、経営者、開発ベンダーのセキュリティレベルを上げる
  • 情報システム部門、運用チームのセキュリティ対応力を上げる

ラックセキュリティアカデミー 3つの特長

国内最大規模の監視センターJSOCの豊富な実績

ラックが誇るセキュリティ監視センターJSOCでは、ネットワークセキュリティに関(guan)するプロフェッショナルであるアナリストとエンジニアが、24時間365日の体制(zhi)で、お客様のログをリアルタイムに分析(xi)すると同時に、独自に設(she)置しているハニーポット(おとりサーバー)が収(shou)集した攻撃(ji)の分析(xi)を行い、最新のサイバー攻撃(ji)の傾向(xiang)を把握(wo)しています。

さらにグローバルでのセキュリティ情報のチェックやセキュリティ問題に発展しやすい政治的なニュースや事件を把握し、インターネット上の有事にいち早く対応できるよう備えています。
ラックセキュリティアカデミーでは、これらの情(qing)報により、常(chang)に最新のデータを基にした研修を行っております。

サイバー救急センターによる圧倒的な緊急対応経験

ラックが運(yun)営するサイバー救急(ji)センターは、企業などがサイバー攻(gong)撃による被(bei)害に遭われた場合に、緊(jin)急(ji)対(dui)応支援を行う「サイバー119サービス」を提供しています。緊(jin)急(ji)対(dui)応においては、サイバー攻(gong)撃の原因調査のためのコンピュータフォレンジックネットワークフォレンジック、マルウェア解析などの専(zhuan)門のエンジニアが対(dui)応しており、年間(jian)350件を超える対(dui)応を行っており、実例を踏まえたセキュリティ教育を提供しています。

専門性の高い講師陣

現役(yi)のアナリスト、研究(jiu)員(yuan)、コンサルタントなど、各分野における専門講師がコースを担(dan)当(dang)します。積み上げてきた実績や最先端の研究(jiu)により集(ji)まった圧倒的な情報量を基に、テキストだけでは伝えられない研修を行います。

ラックセキュリティアカデミーの活動の成果

ラックセキュリティアカデミーは、1997年(nian)に当時取(qu)り扱いをしていたセキュリティ製品(pin)に関(guan)する、公認トレーニングを提供したことがきっかけで始まりました。また翌年(nian)には、この製品(pin)を活用(yong)した脆弱性診(zhen)断サービスを提供するパートナー企業の育成のために、サイバー攻撃(ji)技術についてのトレーニングも開始しました。

その後マルウェアによる被(bei)害(hai)の拡大や、Webサイトの改ざん被(bei)害(hai)、情報漏えい被(bei)害(hai)、標的型攻(gong)撃と、サイバー攻(gong)撃の巧(qiao)妙さと被(bei)害(hai)の深刻さが社(she)会(hui)問題となり、サイバー攻(gong)撃を防ぐためのトレーニングの提供を始め、2005年に現在(zai)の体(ti)制であるラックセキュリティアカデミーとなりました。

セキュリティ人(ren)材育成(cheng)サービスの集大成(cheng)として、サイバー攻撃演習といった総合教育の提供(gong)も開始(shi)しています。

オープンコースや企業向けカスタマイズコースを数多く開催し、専(zhuan)門コースで5,000名、講(jiang)演会や啓(qi)発(fa)活動では16,000名を超える方々に専(zhuan)門性の高い講(jiang)義やセキュリティの大切さを伝えています。

セキュリティアカデミーの講(jiang)師は、ラックのブログなどでの情報発(fa)信だけでなく、商業メディアなどにおいても多くの寄稿をしており、サイバーセキュリティに関する啓(qi)発(fa)活動(dong)を続(xu)けています。

「ラックセキュリティアカデミー」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top