ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業(ye)や組(zu)織のセキュリティ事故発(fa)生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

セキュリティ製品

Imperva SecureSphere (Database Security)

Solutions & Products

Imperva SecureSphereは、企業の重要情報の漏洩対策機能などを提供し、
データベースを取り巻く脅威から守ります。

Imperva SecureSphere製品ラインナップの1つであるデータベースセキュリティは、重要なデータベースへのアクセス管(guan)理、不正行為の抑止(zhi)、犯(fan)行の早期発見のためにログの記録や不正アクセスモニタリングなどを行います。ラックはセキュリティの専門知識を生かし、SecureSphereの導入を支援(yuan)します。

サービスの強み

重要情報が格納されるデータベースを
脅威(wei)から守(shou)るセキュリティソリューション

アクセスログの記録や不正アクセスのモニタリングといった機能により、重要情(qing)報(bao)が格納されているデータベースへのアクセスコントロールはもちろん、不正行為の抑止や犯行の早期発見(jian)、情(qing)報(bao)流(liu)出時(shi)の経(jing)路発見(jian)、被害状(zhuang)況の早期把(ba)握などを実(shi)現します。企業(ye)の重要情(qing)報(bao)の漏えい対策や不正利用の対策、内部統制の徹底において、データベースのセキュリティ強化(hua)はますます重要性を増しています。ラックは情(qing)報(bao)セキュリティ事故(gu)対応などで培ったセキュリティの専門知識を生かし、SecureSphereの導入、運(yun)用を支援します。

Imperva SecureSphereのセキュリティソリューション全体像

データベースへの全てのアクセスを統合的に管理し、
重要データベースの安全を守る

  1. 外部からのサイバー攻撃による
    データ漏えいから企業を守る
    不正なアプリケーションや外部からのアクセスを早期に検知、遮断し、外部からのサイバー攻撃による重要データの漏えい事故、事業のダメージから企業を守ります。
  2. 内部犯行による被害を極小化
    社内からのデータベースアクセスもすべて記録、監視するため、情報セキュリティ事故の一定の比率を占める内部犯行にも有効。社内からの不法行為発生を抑止します。
  3. データベースの脆弱性診断機能によって、データベース本体の安全性を高める
    データベースそのものに脆弱性があり、不正アクセスや情報の窃取を見逃してしまう場合もあります。診断と診断結果の分類、分析によって、データベースそのものの安全性を高めます。
Imperva SecureSphereのセキュリティソリューション概要

Imperva SecureSphere Database Securityの機能詳細

以(yi)下1から4のデータベース・セキュリティソリューションを包括(kuo)的に提供します。

  1. 診断・分類 ・・・ データベースの脆弱性の有無
  2. 記録・監査 ・・・ アクセス監査ログの取得、特権ユーザ・特権操作の監査
  3. セキュリティ ・・・ セキュリティポリシー違反検知、アクセス制御
  4. 分析・報告 ・・・ データ利用履歴の記録、レポート出力

機能

  • アクセスログの取得
  • 不正アクセス検知
  • アクセスログの検索・分析
  • レポート自動作成
  • データベース脆弱性診断

特徴

  • リアルタイム検知
  • DBの性能への影響が小
  • Firewall機能を提供可能
  • 権限分掌が可能
  • ローカル・リモートアクセス両方のログ取得
  • サポート可能なDBが豊富

Imperva SecureSphere Database Security製品のラインナップ

Imperva SecureSphere Database Security製品には次(ci)のような種類があります。

Database Activity Monitoring (DAM) データベース監査・監視
異常操作のリアルタイム検出が可能
Database Firewall (DBF) データベース監査・監視
異常操作のリアルタイム防御
Imperva SecureSphere Database Security製品ラインナップ

Imperva SecureSphere Database Securityの提供形態

提供形(xing)態はアプライアンスと仮(jia)想アプライアンスです。

Gatewayアプライアンス

モデル名 X2510
(FTL)
X4510
(FTL)
X6510
(FTL)
X8510
(FTL)
スループット 500Mbps 1Gbps 2Gbps 5Gbps
フォームファクタ 2U 2U 2U 2U
HDD 2TB 2TB 4TB 4TB

※ FTL:HDD、PSU(電源(yuan))、冷(leng)却ファンが冗長化された耐(nai)障害性モデル

統合管理アプライアンス

  M110 M160
メモリ 8GB 32GB
HDD 500GB 2×500GB
電源冗長/ファン冗長 - / - ○ / ○

※ 「Imperva SecureSphere」をご利用の場(chang)合は、統(tong)合管理アプライアンスをセットで導(dao)入いただく必要があります。

仮想アプライアンス

  V2500 V4500 VM150
Core 2 4 2
メモリ 4GB 8GB 4GB
ディスクスペース 250GB 250GB 250GB
スループット 最大500Mbps 最大1Gbps -

※ VM150は仮想統合(he)管(guan)理(li)アプライアンスです。

※ 仮想アプライアンスご利用の場合(he)でも、統(tong)合(he)管(guan)理アプライアンスとセットで導入頂く必要があります。

価格

個別にお見積もりいたします。お気(qi)軽にお問い合わせください。

「Imperva SecureSphere (Database Security)」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top