ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組(zu)織のセキュリティ事故発生時(shi)はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不(bu)要、24時間(jian)対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

AIソリューション

生成AI 社内活用導入支援サービス

DX & System Development

生産性向上で期待される生成AIモデル「ChatGPT」を
社内向けに安全対策を施し活用へ

ChatGPTは、質問に対する答(da)えをインターネット上の大量のデータから探(tan)し回答(da)します。しかし、入(ru)力(li)したデータはAIの再学習などに利用されるため、入(ru)力(li)した内容(rong)に機密情報(bao)などが含まれる場(chang)合、情報(bao)漏えいにつながるリスクが懸念(nian)されています。「生成(cheng)AI 社内活用導入(ru)支援サービス」はこうしたリスクを取り除くため、「Azure OpenAI Service」を利用し、お客(ke)様のプライベートな環境でChatGPTを安(an)全に使えるようにします。

サービスの強み

社員の業務をサポートしてくれるChatGPTを
データ流出(chu)の懸(xuan)念(nian)なしに安全に活用(yong)できます

OpenAI社が開発(fa)した人工知(zhi)能チャットボットであるChatGPTは、インターネット上の大量のデータを学習して、人と対話するようなやりとりが実現できます。ChatGPTの技術が搭(da)載された「Azure OpenAI Service」を利用(yong)することで、企業に最適化されたChatGPTを使うことができ、データ流出の危(wei)険なしに企業の機(ji)密情報をAIに学習させられます。

また、質(zhi)問(wen)に対する自然(ran)な回(hui)答や情報への誘(you)導、文(wen)書生成(cheng)や要約、文(wen)法チェック、コンテンツの改善提案など、多岐にわたる支(zhi)援が可能です。

現行のChatGPTではデータの流出が心配、Azure OpenAI Serviceを使ってデータを外部流出させずに安心して自社ドキュメントに対応

サービス導入効果

  1. 社内チャットボットで
    業務時間を節約
    社内の文書を本サービスに登録することで、自社独自の質問にも答えられるFAQの導入が可能です。従来、フォームや電話で寄せられる社員からの問い合わせに、担当部署が対応する必要がありました。本サービスを利用することで、社員が時間や場所を問わず、知りたい情報を得られるようになるため、以前の担当者が費やしていた時間や労力を節約できます。また参照元も併せて提示することで、情報の信憑性を確認できます。
  2. 社内チーム間の知識を
    効率的に活用
    チーム間で必要な情報を登録することで、チームメンバーは誰でも同じ情報にアクセスできます。新たな情報が発生した際も、遅延なくチーム全体に共有され、意思決定や作業の円滑化が図れます。自然言語による対話形式で質問できるため、新規に参加するメンバーでも、迷わず、効率的に情報にアクセスできます。
  3. 文書の生成で、
    執筆や資料作成の時間を短縮
    ChatGPTは提案書やメールのテンプレートを使った文書の生成が可能です。プロンプト(AIに対する指示)を上手に使うことで、生成する文章の条件や含めたい単語などを指定できます。入力した文書や生成された文書は、企業や組織独自のシステム環境に格納されているため、情報漏えいの心配がなく、安全かつ効率的に業務を遂行できます。

生成AI 社内活用導入支援サービスとは

カスタマイズと開発

企(qi)業(ye)や組織の要件に応じて、セキュアな環境でChatGPTを利用(yong)するために、Azure上に「Azure OpenAI Service」を構(gou)築・実装します。一(yi)般的な質問と企(qi)業(ye)や組織独自(zi)の文(wen)書を、分けて検索できます。業(ye)界やターゲットユーザーに適(shi)した活用(yong)方法やプロンプトのテンプレートなどを提供し、最高のパフォーマンスを実現します。

生成AI 社内活用導入支援サービスの画面例

選べるOpenAPIのGPTモデル

OpenAI社は、これまで複数のGenerative Pre-trained Transformer(GPT)モデルを提供しています。そのモデルによって、生成(cheng)される回答が変わることがあります。「生成(cheng)AI 社内活用導入支援サービス」ではこれらのモデルを簡単に比較できるようになっており、最適なモデルを選択して、サービスを利用できます。開(kai)発者(zhe)は独自のAIアプリケーションを迅速に構築(zhu)できます。

ChatGPTの活用法をレクチャー

ChatGPTをチャットボットとして利用することで、自(zi)然(ran)な対話を通じて、ユーザーの質問に洗(xi)練された回(hui)答を提(ti)供できます。記事の草案や、質問の投げ掛(gua)けとそれに対する回(hui)答を生成してくれるため、社員による業(ye)務の自(zi)己学習を補助してくれます。これらはChatGPTの活(huo)用法の一部に過ぎませんが、その柔(rou)軟性(xing)(xing)と多(duo)様性(xing)(xing)は幅広い分野(ye)に適用できます。

一方で、利(li)用(yong)(yong)方法が多過(guo)ぎて、どのように業務(wu)に活用(yong)(yong)していいかわからないという声も多く聞かれます。ラックは、生成AIの利(li)用(yong)(yong)を推進(jin)しています。社内(nei)で得られたノウハウを基に、企業や組織による業務(wu)改善に活用(yong)(yong)してもらえるように、利(li)用(yong)(yong)方法をレクチャーします。

一般公開版のChatGPTの課題

データの課題

一般公開版(ban)のChatGPTは、無料かつ非常に便利(li)なサービスですが、検索できる情(qing)報(bao)は2021年6月時点に学習したものであるため、その情(qing)報(bao)の範囲内でしか検索できません。

「生成AI 社内活用(yong)導入(ru)支援サービス」では、自社に構築した「Azure OpenAI Service」の中に、社内規定やマニュアル、議(yi)事録など様々な文書(shu)(shu)を取り込むことで、自社の情報を素早く取り出し、それを使って文書(shu)(shu)を作(zuo)成できます。文書(shu)(shu)形(xing)式(shi)もPDF、Excel、Wordなどに対応しております。

セキュリティの課題

一(yi)般公開版(ban)のChatGPTでは、入力したデータはオプトアウトの設定をしないと学(xue)習データとして使われてしまいます。

「生成AI 社(she)(she)内(nei)活用(yong)(yong)導入支援サービス」ではデータはお客様のクラウド環境のみに保存されるため、再利用(yong)(yong)の心配がなく、セキュリティ面に不(bu)安(an)があり、社(she)(she)内(nei)利用(yong)(yong)を全面禁止にしているという企業(ye)や組(zu)織も安(an)心して利用(yong)(yong)できます。また、「Azure OpenAI Service」でセキュリティ対策(ce)を講じた環境を構築するため、登(deng)録したデータの漏えいを防(fang)ぐことができます。

※ ラックはAzure OpenAI Service リファレンスアーキテクチャに賛同しているパートナーです。

サービス提供の流れ

本格導(dao)(dao)入前(qian)にいくつかの部門でミニマム導(dao)(dao)入したいといったご要望にも対(dui)応いたします。

  1. Web会議などでヒアリング※ ヒアリングは何度か実施させていただく場合がございます
  2. お客様の環境、ネットワーク状況、セキュリティ要件等を調査
  3. お客様のAzure環境のご準備
  4. お客様の社内環境に合わせたアプリのカスタマイズ
  5. サービス導入

価格

個(ge)別にお見積りいたします。お気軽(qing)にお問い合わせください。

「生成AI 社内活用導入支援サービス」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top