ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事(shi)故発生時(shi)はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約(yue)不要(yao)、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

クラウドインテグレーション

Google Cloudインテグレーション

DX & System Development

ラックのシステム開発ノウハウで
Google社のパブリッククラウドサービス「Google Cloud」の導入を支援

ラックは、クラウドサービス「Google Cloud」を活(huo)用するための様々な支援サービスを提供しています。オンプレミスからクラウドへの移行、オンプレミスとクラウドの両方を活(huo)用するハイブリッドクラウド環境や他のクラウドサービスと組み合わせたマルチクラウドの構築、お客様のクラウド環境における運用課題やセキュリティ課題の解消に向けた対応(ying)など、お客様の目(mu)的に合わせて導(dao)入前のコンサルティング、システム設計、構築サービスを提供します。

サービスの強み

高性能なデータ分析(xi)基(ji)盤×ラックのシステム構築(zhu)ノウハウ

Google Cloudの特徴は、BigQueryを中心とした高(gao)性能なデータ分析基盤を構(gou)築できる点にあります。

BigQuery Omniを利(li)用(yong)すれば、Amazon Web Services(AWS)のAmazon S3やMicrosoftのAzure Blob Storageといったストレージサービスに保存(cun)されたデータに対して、BigQuery分析を実行するマルチクラウド環境(jing)を構築(zhu)できます。また、主要システムをオンプレミスに残しながら、新しいシステムをGoogle Cloud上に構築(zhu)し、相互に接(jie)続して利(li)用(yong)するハイブリッドクラウドなどGoogle Cloudの強(qiang)みを活かしたシステム構成が可能です。

ラックでは様々な業界で培ったシステム構築ノウハウを活(huo)かし、新規システムの構築、オンプレミス環境(jing)(jing)からクラウド環境(jing)(jing)への移(yi)行、ハイブリッドシステムの利用、クラウド上でのアプリケーション開(kai)発など、企業の目的に合(he)わせて、導入前のコンサルティング、システム設計、構築サービスを提供します。

Google Cloud

Google Cloudインテグレーションによりクラウド活用を最適化

  1. データ分析
    大規模データの高速処理が可能なBigQueryを利用できるほか、大量でかつ非構造・複雑なデータを扱えるBigtable、SQLとNoSQLの両方の長所を持ち、拡張性に優れたSpannerなどを利用できます。処理に時間がかかるデータでも、他サービスを圧倒する速度で処理できます。処理時間を短く抑えることで、TCOを抑えることにもつながります。
  2. ネットワークコストを抑制
    ユーザのニーズに合わせたネットワーク接続を選択できるNetwork Service Tiersでは、トラフィックが大量に発生するデータ分析とその他のアプリケーションでネットワークを分けることで、コストの抑制が可能です。また、階層化されたネットワーク構成ではないため、余計な通信経路やそれにかかるコストが発生せず、独自の輻輳管理により通信を最適化しているため、高速なアクセスを実現します。
  3. 高度なセキュリティ対策
    サイバー攻撃が高度化する中で、データ保護の重要性が年々高まっています。Google Cloudでは独自のセキュリティ基準によって企業のデータを保護しています。ラックの知見、サービスを組み合わせて、より高度なセキュリティ対策を講じることも可能です。

Google Cloud導入サポートの流れ

  1. システム開発に向けたコンサルティング
    課題の解消、要望の実現に必要な事項を整理し、目指すべきゴールを設定します。
  2. 企業のニーズを満たすシステムの提案
    データ解析基盤であるBigQueryを利用でき、特にデータを解析・運用するシステムに適しています。これらの強みを活かすために、IaaS、PaaS、SaaS、コンテナエンジンやサーバレスのサービスなどを利用したマルチクラウドシステムなど、企業に最適なシステムをご提案します。
  3. 運用を踏まえたシステムの設計・構築・開発
    システム導入後の運用を見据えた、セキュアなシステムやアプリケーションを設計・構築・開発します。

Google Cloudの活用パターン

機械学習/AIの活用

ディープラーニング向けに最適化されたコンテナ環(huan)境を利用可能です。BigQueryと組み合わせて活用することで、SQLだけで複雑な機械学習の工程を実行できます。

またAIの活用(yong)では、次(ci)世(shi)代(dai)の需要(yao)予測(ce)や業務の効率化(hua)が可(ke)能です。従来(lai)、人が対応していたコールセンター業務を、チャットボットサービスの導入によってできる範(fan)囲(wei)で自動(dong)化(hua)し、人件(jian)費などを削(xue)減(jian)することもできます。

Google Workspaceによる業務効率化

メール、スケジュール管理、ビデオ会議、オンラインストレージなど組織(zhi)の生(sheng)産性を高(gao)めるための業務(wu)効率化(hua)をまとめて利(li)用することが可能(neng)です。

リソースの柔軟な調整とコスト管理

多様(yang)なリソースオプションを提供しており、お客(ke)様(yang)の要件に合わせてパフォーマンスや価(jia)格を調整できます。コスト計算(suan)ツールや予測アナリティクスを利用することで、適(shi)切なリソースの選(xuan)択や最(zui)適(shi)な価(jia)格プランを選(xuan)択できます。また、不(bu)要なリソースの自(zi)動シャットダウンやスケジュールに基(ji)づき、リソースを管理できます。

クラウド移行

オンプレミス環境をクラウドへ移(yi)行することで、運用費用やインフラコストを低減・平(ping)準化できます。クラウドへの移(yi)行も柔軟性があり、クラウド上にオンプレミスと同じシステムを再構築する方(fang)法(fa)と、GCVE(Google Cloud VMware Engine)を利(li)用し、オンプレミスのVMware vSphere環境をそのままGoogle Cloud上で利(li)用する方(fang)法(fa)があります。

また、Google Cloudは豊富(fu)なAPIと柔(rou)軟なアーキテクチャを利用(yong)することで、他のクラウドサービスからの移(yi)行も容(rong)易(yi)です。

マルチクラウド

Google Cloudはオープンなクラウドサービスであり、他(ta)のクラウドサービスとのシームレスな連携が可能です。例えば、複数のパブリッククラウドに保存(cun)されたデータを分析するBigQuery Omniを利用すれば、Amazon S3やAzure Blob Storageといった他(ta)クラウドに保存(cun)されたデータに対して、BigQueryで分析を実行(xing)できます。

ハイブリッドクラウド

Google Cloudはハイブリッドクラウド構成(cheng)にも適しています。GCVEを利用すれば、オンプレミス環境と同じ VMware vSphere環境をGoogle Cloud上に持(chi)つことができ、オンプレミスと接続して一緒(xu)に利用することで、オンプレミスの環境を拡張できることはもちろん、段階的なクラウドへの移行もVMware vSphereを利用したまま可能です。

現行(xing)(xing)の運用(yong)(yong)(yong)方(fang)法に近い形(xing)でクラウドも併せて利用(yong)(yong)(yong)できるため、クラウド移(yi)行(xing)(xing)のファーストステップとしてGCVEを利用(yong)(yong)(yong)し、その後、Google Cloudのサービスを利用(yong)(yong)(yong)したクラウドネイティブへの移(yi)行(xing)(xing)など、企(qi)業のクラウド移(yi)行(xing)(xing)の方(fang)針に合わせたクラウド利用(yong)(yong)(yong)ができます。

また、Kubernetesのようなコンテナ環境(jing)を利用している場合、クラウド環境(jing)とオンプレミス環境(jing)で一(yi)貫性のある開(kai)発(fa)と運用ができるアプリケーション管理プラットフォームのAnthosを利用すれば、オンプレミス上のコンテナ、クラスタの実(shi)(shi)行・管理することが可能になり、柔軟性のあるアプリケーション開(kai)発(fa)環境(jing)を実(shi)(shi)現(xian)します。これにより、既(ji)存のITインフラストラクチャを活用しながら、クラウドの柔軟性やスケーラビリティを実(shi)(shi)現(xian)します。

価格

個別にお見積もりいたします。お気軽にお問(wen)い合わせください。

「Google Cloudインテグレーション」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top