ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組織のセキュリティ事故発生時(shi)はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時(shi)間(jian)対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

クラウドインテグレーション

OCIインテグレーション(オラクル クラウド インフラストラクチャ)

DX & System Development

ラックのシステム開発ノウハウでOracle社のパブリッククラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の導入を支援

ラックは、Oracle社のパートナーとして、パブリッククラウドサービスである「Oracle Cloud Infrastructure」を利用するための様(yang)々な支援を提供(gong)しています。オンプレミスからクラウドへの移行、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環(huan)境の構築、クラウド環(huan)境における運(yun)用課(ke)(ke)題やセキュリティ課(ke)(ke)題を解決するための対策など、目的に合わせて、導入前コンサルティング、システム設計、構築サービスを提供(gong)します。

サービスの強み

豊富なシステム開発経験を生かすOracle社のパートナーとして、
質の高いクラウド活(huo)用をサポート

新規システムの構(gou)築、オンプレミス環(huan)(huan)境(jing)(jing)からクラウド環(huan)(huan)境(jing)(jing)への移行、オンプレミス環(huan)(huan)境(jing)(jing)とクラウド環(huan)(huan)境(jing)(jing)のハイブリッドシステムの利(li)用、クラウド上でのアプリケーション開発など、目的に合わせて、導入前(qian)のコンサルティング、システム設(she)計、構(gou)築サービスを提供します。

OCIインテグレーションにより、次のようなメリットが得られます。

  • スピード:スモールスタートからの早期ビジネスの立ち上げ
  • コスト低減:従量課金によるインフラ保有コストの低減、Oracleライセンスの流用
  • 高性能:次世代インフラ基盤によるハイパフォーマンスインフラの利用
  • 高信頼性の維持:Oracle RAC環境のクラウド利用
  • 運用負荷軽減:Oracleデータベースのクラウド環境下における管理自動化
Oracleロゴ

OCIインテグレーションが最適なクラウド活用を実現

  1. 高い性能
    多数のユーザ企業を持つデータベースシステム「Oracle Database」を提供するOracleらしく、高性能なストレージやCPUを使用でき、オンプレミスで実現していた幅広い性能要件を、クラウド移行後も満たすことができます。また、CPUやメモリの構成を柔軟に変更することで、パフォーマンスを最適化できます。
  2. 高いセキュリティ
    開発ライフサイクル全体でセキュリティ対策を組み込む「セキュリティ・バイ・デザイン」の思想に基づき、仮想ネットワークの物理サーバからの分離や強制的な暗号化、「コンパートメント」モデルと呼ばれる階層型権限管理機能を標準で実装しています。その他多くのセキュリティ機能を無償または低額で使用し、堅牢なセキュリティ環境を実現できます。
  3. 高いコストパフォーマンス
    企業は、現在利用しているOracle DatabaseのライセンスをOCI環境に持ち込むことができます。また、市場競争が激しくなっている背景があり、同一性能のリソースを、他社より低いコストで使用できる傾向があります。さらに、クラウドから外部へのデータ転送料が月間10TBまでは無償であるなど、高いコストパフォーマンスを実現しています。

OCI導入サポートの流れ

  1. システム開発に向けた
    コンサルティング
    お客様の課題の解消、要望の実現に必要な事項を整理し、目指すべきゴールを設定します。
  2. お客様のニーズを実現するシステムの提案
    OCIの豊富なサービス、サービス上で稼働させる各種製品などを組み合わせ、お客様に最適なシステムを提案します。
  3. 運用を踏まえたシステムの設計・構築・開発
    システム導入後の運用を見据えた上で、セキュアなシステムやアプリケーションを設計、構築、開発します。

高い性能、高い信頼性、高いコスト優位性、高い移行容易性を提供するクラウドプラットフォーム

OCIは、クラウドコンピューティングを利用して、ストレージ、ネットワーク、データベース、サーバなど、クラウドベースのインフラストラクチャサービスを提供するサービスです。

Oracle Cloud Infrastructureのサービス構造
Oracle Cloud Infrastructureのサービス構造

世界42のパブリッククラウドリージョン(2023年5月時(shi)点)で運用されており、さらに複数リージョンの開設が計(ji)画されています。また、日本には東京(jing)と大阪の2つのリージョンが配置され、国内の東西で災害対策環境を構築(zhu)できます。

高い性能

Oracle Databaseは最(zui)大1600CPU、数(shu)千万IOPSまでスケール可能です。コンピュートについても、ベアメタル構成をサポートしており、最(zui)新のハードウェアの性(xing)能を最(zui)大限(xian)に生(sheng)かすことで性(xing)能要件の厳しいワークロードにも対応できます。

高い信頼性

OCIは、可用(yong)性(xing)(xing)以外にリソースの管(guan)理性(xing)(xing)やパフォーマンスに対(dui)してSLA(Service Level Agreement)を定義している唯一のパブリッククラウドサービスです。管(guan)理性(xing)(xing)SLAはリソースの管(guan)理、監視および変更(geng)操作が実行可能であることを保証します。また、パフォーマンスSLAにより、一貫したパフォーマンスの提供が保証されます。

高いコスト優位性

コンピュート(サーバ)、ストレージ、ネットワークといった使用頻度が高(gao)いサービスを他のパブリッククラウドサービスと比(bi)較して低価格で使用することが可能です。

高い移行容易性

OCIが提供する高性(xing)能(neng)なリソースは様々なワークロードに対応(ying)可(ke)能(neng)で、現(xian)行(xing)環境の性(xing)能(neng)を落とすことなくクラウドへと移行(xing)することが可(ke)能(neng)です。データベースではミッションクリティカルなシステムで多く使用されている、複数のサーバで1つのデータベースを構成するクラスタ環境「RAC(Real Application Clusters)」や、サーバ・ネットワーク・ストレージが一(yi)体となったアプライアンス製品(pin)「Exadata」を使用でき、オンプレミスと同等の機(ji)能(neng)をクラウド上で実現(xian)できます。

さらに、OCI上でVMware vSphere環境(jing)を使用できるソリューションである「Oracle Cloud VMwareソリューション(OCVS)」では専(zhuan)用の環境(jing)と管理者アクセス機能により、オンプレミスの構成・運用を維(wei)持したまま、VMware環境(jing)をクラウド上に実(shi)装できます。

OCIクラウドの活用パターン

ディザスタリカバリ

事(shi)(shi)業(ye)(ye)継続(xu)(BCP)に必(bi)要(yao)なITインフラ環(huan)(huan)境を別拠(ju)点にオンプレミスで所有(you)するのではなくOCI上に構(gou)築し、データを定期的に同期することで、万が一の場合でも事(shi)(shi)業(ye)(ye)継続(xu)できるITインフラ環(huan)(huan)境を構(gou)築できます。クラウドリソースの柔(rou)軟性(xing)を生かし、OCI上のディザスタ環(huan)(huan)境は最小(xiao)限のリソース構(gou)成とすることでコストを抑えつつ、有(you)事(shi)(shi)の際にはOCI上の環(huan)(huan)境を稼働させることで迅速なITインフラの復旧そして事(shi)(shi)業(ye)(ye)再(zai)開をすることも可能です。

リソースの柔軟な調整とコスト管理

OCIの「フレキシブル・シェイプ」は、他のパブリッククラウドに多く見られるような、あらかじめ用(yong)意されたCPU数(shu)とメモリサイズが組み合わされた仮想(xiang)マシンを選(xuan)択するものではありません。OCIでは仮想(xiang)マシンで必(bi)要とするCPU数(shu)とメモリサイズを自由に組み合わせることができるので、リソースサイズを要件に完全にマッチさせることが可(ke)能になり、無駄(tuo)なコストの発生を防ぎます。

クラウドマイグレーション

オンプレミスの環境をOCIクラウド上へ移行することで、インフラの運用(yong)保守費(fei)用(yong)や所(suo)有コストの削減が期(qi)待でき、使用(yong)量(liang)に応じた支払いによりシステムにかかるコストの平準化(hua)、適正化(hua)を図ることができます。

マルチクラウド

異なる強(qiang)みを持(chi)つ複数(shu)のクラウドを連携させて利用することをマルチクラウドと呼びます。例えばOCIでは東京リージョンを含む複数(shu)のリージョンでMicrosoft Azure環(huan)境(jing)と2ミリ秒未満(man)の低レイテンシーで相互に接続しており、高(gao)(gao)性能なOracle DatabaseはOCI上に、アプリケーションサーバなどはAzure上にそれぞれ構築することで、ライセンスやコストの課題を解決しつつ高(gao)(gao)いパフォーマンスを維持(chi)したマルチクラウド環(huan)境(jing)を構成(cheng)できます。

ハイブリッドクラウド

Oracle Cloud VMwareソリューション(OCVS)により、オンプレミスと同等の環(huan)境(jing)をクラウド上(shang)に構(gou)築(zhu)(zhu)できます。さらにOCVSではvSphereのバージョン管理(li)やパッチ適用もお客様が管理(li)できるため、OSやミドルウェア、アプリケーションの課題でvSphere環(huan)境(jing)のアップグレードやパッチ適用タイミングをオンプレミスの時と同じようにコントロールしたいなどの要件にも対応(ying)できます。オンプレミスのVMware vSphere環(huan)境(jing)をクラウド上(shang)に拡(kuo)張(zhang)するハイブリッド環(huan)境(jing)を構(gou)成する場合(he)でも、相(xiang)互の環(huan)境(jing)でのバージョンを合(he)わせるなどが容易にできるため、よりシンプルにハイブリッドクラウド環(huan)境(jing)を構(gou)築(zhu)(zhu)できます。

価格

個別にお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

「OCIインテグレーション(オラクル クラウド インフラストラクチャ)」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top