ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業(ye)や組織(zhi)のセキュリティ事故発(fa)生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相談は予約不要、24時間対(dui)応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

クラウドインテグレーション

Oracle Cloud VMware Solution導入支援サービス

DX & System Development

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上にVMware環境を構成する

Oracle Cloud VMware Solution(OCVS)は、Oracle社が提供するパブリッククラウドであるOCI上に、VMware vSphere環(huan)(huan)境(jing)を構築(zhu)するサービスです。導入企業専有の環(huan)(huan)境(jing)が提供されるため、オンプレミスの管理性を維持しながら、クラウドのメリットを最大限に生かせるのが特長です。ラックは、Oracle社のパートナーとして、OCVSの導入支(zhi)援(yuan)サービスを提供します。

サービスの強み

オンプレミスと同等(deng)の管理、性(xing)能、操作とクラウドの拡(kuo)張性(xing)を両立

OCVSではOCIが提供する高性(xing)能なインフラ上(shang)(shang)にVMware環境(jing)を実(shi)装します。導入企業専用のネットワーク(VCN)上(shang)(shang)で稼働するため、低(di)遅延かつ安定した環境(jing)で高性(xing)能なデータベースサービスと接続(xu)でき、ミッションクリティカルなシステムが要求する重要なワークロードに対(dui)応できるVMware環境(jing)を、クラウド上(shang)(shang)に実(shi)現できます。

また、自身(shen)で制御できる専用(yong)ネットワーク内に構成することで、オンプレミスと同(tong)等のセキュリティ、操作、運用(yong)を実現しています。

OCVSを活用すると、VMwareの仮想サーバであるvSphereで構築したシステム環境を、クラウドプラットフォームであるOCI上に実現できる

オンプレミス同等構成をクラウド上で実現

  1. 既存資産の活用
    OCVSではオンプレミスと同じ環境をクラウド上に構築できます。そのためアプリケーションや運用の変更を最小限に抑えることでより短期間、低コストでクラウド上に移行することが可能です。
  2. 完全な管理
    ネットワークとサーバ、さらにその上に構築されたVMware環境への管理者アクセスと制御が提供されます。パッチ適用やアップグレードを含めた管理操作をすべて自身で制御し、既存の運用を継続することができます。
  3. 拡張性と安全性を備えたインフラ
    クラウドに移行することで、インフラ管理コストの低減、必要に応じたリソースの拡張などクラウドのメリットを享受できます。また強固に分離されたテナント上に環境が構成されることに加え、様々なコンプライアンス、セキュリティ標準に準拠しているため、オンプレミスと同等以上のセキュリティを実現します。

OCVSの特長

オンプレミス環境をそのままクラウドへ

OCVSでは、オンプレミスと全く同じVMware vSphere環境の構(gou)築が可(ke)(ke)能です。アプリケーションだけでなく、セキュリティ設定やポリシーもオンプレミスに準拠した形(xing)で設定が可(ke)(ke)能です。

さらに、仮想サーバのvSphere、サーバ管理ソフトウェアのvCenter Server、ソフトウェア定(ding)義ストレージのvSAN、ネットワーク仮想化のNSX、オンプレミスにあるvSphere環(huan)境のワークロードをパブリッククラウドへ移行(xing)できるようにするHCXなど、オンプレミスで使用(yong)していたツールもそのまま利用(yong)できるため、クラウド独(du)自のツール使用(yong)に伴う再トレーニングの必要がなく、スムーズな移行(xing)が実現します。

完全なプライベート環境

OCIは、クラウド上でL2ネットワーク(VLAN)を提(ti)供(gong)し、VMware環境(jing)を強(qiang)固に分(fen)離(li)したお客(ke)様専用ネットワークにデプロイすることが可能です。これにより、ネットワーク、サーバ、VMware環境(jing)を含む全ての要素をお客(ke)様自身で完全に制御(yu)・管(guan)理し、パッチやアップグレードも自由なタイミングで行えます。

全リソースがお客(ke)様専有となり、環境のプロビジョニング後はOracle社さえもデータへのアクセスが不可能(neng)なため、セキュリティ要(yao)件(jian)の厳しいシステムでも安心して移(yi)行可能(neng)です。

クラウドならではの柔軟性とスケーラビリティ

OCVSはクラウド上で提供され、ワークロードに応じて、仮想マシン実行のためのハイパーバイザーであるESXiホストの拡(kuo)大、縮小が迅(xun)速に行えます。

料金(jin)(jin)体(ti)系(xi)も時間課(ke)金(jin)(jin)、月課(ke)金(jin)(jin)、1年コミット、3年コミットの4種類から選(xuan)択でき、利用目的や期間に応じて柔軟に組み合わせることができます。これにより、インフラコストの最適化が実現します。

OCVSの用途

  時間課金 月課金 1年コミット 3年コミット
主な用途 ・一時的な拡張
・短期のテスト
・DRでの一時的な拡張
・開発およびテスト
・ステージング
・本番環境
・DR環境
・本番環境
・DR環境
時間課金
主な用途 ・一時的な拡張
・短期のテスト
・DRでの一時的な拡張
月課金
主な用途 ・開発およびテスト
・ステージング
1年コミット
主な用途 ・本番環境
・DR環境
3年コミット
主な用途 ・本番環境
・DR環境

Intel CPU環境価格例

  時間課金 月課金 1年コミット 3年コミット
課金サイクル 1時間 1か月 1年 3年
コア/時間 34.118円/時間
(1,319,957円/ホスト/月)
28.434円/時間
(1,100,055円/ホスト/月)
22.750円/時間
(880,152円/ホスト/月)
18.480円/時間
(714,954円/ホスト/月)
時間課金
課金サイクル 1時間
コア/時間 34.118円/時間
(1,319,957円/ホスト/月)
月課金
課金サイクル 1か月
コア/時間 28.434円/時間
(1,100,055円/ホスト/月)
1年コミット
課金サイクル 1年
コア/時間 22.750円/時間
(880,152円/ホスト/月)
3年コミット
課金サイクル 3年
コア/時間 18.480円/時間
(714,954円/ホスト/月)

AMD CPU環境価格例

  時間課金 月課金 1年コミット 3年コミット
課金サイクル 1時間 1か月 1年 3年
32コア
(コア/時間)
42.658円
(1,015,602円/ホスト/月)
35.546円
(846,280円/ホスト/月)
28.434円
(676,957円/ホスト/月)
23.100円
(549,965円/ホスト/月)
64コア
(コア/時間)
34.118円
(1,624,563円/ホスト/月)
28.434円
(1,353,914円/ホスト/月)
22.750円
(1,083,264円/ホスト/月)
18.480円
(879,944円/ホスト/月)
128コア
(コア/時間)
27.300円
(2,599,834円/ホスト/月)
22.750円
(2,166,528円/ホスト/月)
18.200円
(1,733,223円/ホスト/月)
14.784円
(1,407,910円/ホスト/月)
時間課金
課金サイクル 1時間
32コア
(コア/時間)
42.658円
(1,015,602円/ホスト/月)
64コア
(コア/時間)
34.118円
(1,624,563円/ホスト/月)
128コア
(コア/時間)
27.300円
(2,599,834円/ホスト/月)
月課金
課金サイクル 1か月
32コア
(コア/時間)
35.546円
(846,280円/ホスト/月)
64コア
(コア/時間)
28.434円
(1,353,914円/ホスト/月)
128コア
(コア/時間)
22.750円
(2,166,528円/ホスト/月)
1年コミット
課金サイクル 1年
32コア
(コア/時間)
28.434円
(676,957円/ホスト/月)
64コア
(コア/時間)
28.434円
(1,353,914円/ホスト/月)
128コア
(コア/時間)
18.200円
(1,733,223円/ホスト/月)
3年コミット
課金サイクル 3年
32コア
(コア/時間)
23.100円
(549,965円/ホスト/月)
64コア
(コア/時間)
18.480円
(879,944円/ホスト/月)
128コア
(コア/時間)
14.784円
(1,407,910円/ホスト/月)

※ 料(liao)金(jin)にはインフラストラクチャおよびVMwareソフトウェア・ライセンスおよびサポートが含まれます。(2023年9月現在(zai)の参考(kao)価格です)

OCVSの活用パターン

ハイブリッドクラウド

既存(cun)のオンプレミスのVMware環境にリソースを追加(jia)する必要がある場合、OCVSを使用してクラウド上への展開が可能(neng)です。

システムの一部をクラウド上に拡張(zhang)するハイブリッドクラウドは、ビジネスの変化(hua)に迅速に対応できる強(qiang)力なソリューションです。オンデマンドで容易にリソースを拡張(zhang)、縮小することができ、柔軟な課(ke)金形(xing)態によりコストの最適化(hua)も可能(neng)となります。

また、オンプレミスとクラウド間(jian)で運(yun)用、管(guan)理(li)を統一できるので、ハイブリッド構成での運(yun)用の手間(jian)を最小限(xian)に抑えつつワークロードを最適に配分することができます。

クラウド移行

OCVSではオンプレミスと同(tong)等のVMware環境を構築できるため、アプリケーションの変更や運用の大幅(fu)な見直(zhi)しをする必(bi)要(yao)がなく短期間でのクラウド移(yi)行を実(shi)現できます。

さらに、OCIのデータベースをはじめとする様々なクラウド・サービスを活用することで、システム全体の運(yun)用管理コストを削減することが可能です。

また、東京、大阪リージョン間(jian)でディザスタリカバリ(DR)環境を構築することで、高レベルのシステム可用性とデータ保(bao)護を実現(xian)します。

ディザスタリカバリ

OCVSを利用することで低(di)コストかつ迅速(su)に災(zai)害(hai)対(dui)策環境を構築することが可能です。通(tong)常運用時(shi)は最小(xiao)限のリソースで構成し、災(zai)害(hai)発生時(shi)のみ必要に応(ying)じてリソースを増加させることで、コスト効率を最大化(hua)することができます。

災(zai)害時(shi)以外でも、リソースの一(yi)部を開発(fa)環境として活(huo)用(yong)するなど、多目(mu)的に活(huo)用(yong)することが可(ke)能です。これによりシステム全(quan)体(ti)を有効に活(huo)用(yong)しながら運用(yong)コストを抑(yi)制できます。

また、システム全(quan)体(ti)をクラウド化(hua)(hua)する一歩として、まず災害対策環境からクラウド化(hua)(hua)を始めることで、システムをクラウド化(hua)(hua)する際のリスクや課題を洗い出し、段階(jie)的に安全(quan)にクラウド上(shang)への移行(xing)を実現できます。

価格

個別にお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。

「Oracle Cloud VMware Solution導入支援サービス」に関するお問い合わせ

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top