ピンボール戦車少女

セキュリティ対策の株式会社ラック

閉じる

企業や組織(zhi)のセキュリティ事故発(fa)生時はこちら

緊急対応窓口:サイバー救急センター®

ご相(xiang)談は予約(yue)不要、24時間対応

電話で相談する
0120-362-119
メールで相談する
サイバー救急センター®のメールアドレス
自分で調べる
「FalconNest」について

当社商標の使用に関するガイドライン

株式会社(she)ラック(以(yi)下(xia)(xia)「当(dang)社(she)」といいます。)は、当(dang)社(she)の保有する商標の適正(zheng)な使用を確保するため、以(yi)下(xia)(xia)のとおり、商標の使用に関するガイドライン(以(yi)下(xia)(xia)「本ガイドライン」といいます。)を策(ce)定いたします。

当社(she)の商(shang)標は、当社(she)の保有する重(zhong)要(yao)な資(zi)産です。また、当社(she)の商(shang)標が適切にその機能を果たし、当社(she)の商(shang)標に結び付いた当社(she)並びにその商(shang)品及びサービスに対する皆様からの信用を維持するため、皆様に当社(she)の商(shang)標を正しくお使(shi)いいただくことが重(zhong)要(yao)と考(kao)えております。当社(she)の商(shang)標の適正な使(shi)用のため、本ガイドラインの遵(zun)守にご協力ください。

なお、当(dang)社(she)と、当(dang)社(she)の商標を使(shi)用する方との契約において、明示的(de)に本ガイドラインと異なる内容が定められている場(chang)合(he)は、当(dang)該(gai)契約の定めが優(you)先するものとします。

1.当社商標

「当(dang)社商(shang)標」とは、当(dang)社又はその商(shang)品若しくはサービスを示すために使用する標章(zhang)であって、文字、図(tu)形(xing)、記号(hao)、立体的(de)形(xing)状若しくは色彩又はこれらの結合、及び音から成るものをいい、登録されているか否(fou)かを問(wen)いません。具体的(de)には以下のものを含みますが、これらに限(xian)られるものではありません。

  • 「LAC」及び「ラック」の文字
  • 「LAC」の会社ロゴ
  • 「JSOC」、「LAC Falcon」などの当社の商品・サービスの名称及びそれを含むロゴ

2.当社商標の使用

(1)販促資料等における使用

当(dang)(dang)(dang)社(she)の商(shang)品及びサービス(以下「サービス等」といいます。)のパッケージ、説明書、パンフレット、広告資(zi)料、宣伝資(zi)料、その他当(dang)(dang)(dang)社(she)のサービス等の販売(mai)、使用(yong)又は販売(mai)促(cu)進を目(mu)的とする媒体(電磁的なものを含みます。以下同様です。)において当(dang)(dang)(dang)社(she)商(shang)標を使用(yong)するには、当(dang)(dang)(dang)社(she)の許(xu)諾(nuo)を受(shou)けなければなりません。

(2)紹介目的の使用

上記(1)に記載された目的(de)によらない、当(dang)社又は当(dang)社のサービス等の紹介、報道(dao)、レビュー等を目的(de)とする媒体(例(li)えば、お客様が当(dang)社のサービス等を利用していることをウェブサイトで公(gong)表する場合)においては、本ガイドラインに記載する事(shi)項を遵守することを条件(jian)に、当(dang)社商標をお使いいただくことができます。

3.商標の使用態様

  • 当社商標は、当社との契約において別段の定めがなされた場合を除き、いかなる場合も変更、修正、付加、削除その他の改変を加えることはできません。
  • 当社商標は、ある当社商標と他の当社商標、当社商標と当社商標以外の商標、又は当社商標と商標以外の文字、図形、記号等を結合させて使用すること(ハイフンやアンダーバー等で結合させる場合その他近接した位置に表示して1つの名称、マーク又はロゴ等のように見せる場合を含みます。)はできません。
  • 当社商標を以下の態様で使用してはなりません。
    • 普通名称的な表現で使用すること
    • 動詞又は形容詞として使用すること
    • 単数形の商標を複数形に、又は複数形の商標を単数形に変化させて使用すること
    • 商標を所有格に変化させて使用すること
    • 商標の一部を省略して表示すること
    • 大文字を小文字に変更して表示すること、又は小文字を大文字に変更して表示すること
    • 漢字、アルファベット、ひらがな及びカタカナ等の文字種を他の文字種に変更して使用すること
    • 文字間隔、書体、色彩、デザイン、向き、アスペクト比、構成要素の配置及びサイズその他の商標の形状を変更して使用すること。ただし、標準文字商標を、周囲の文章と同様のフォントで表示することは、これに当たらないものとします。
  • また、当社商標につき、以下の行為を行ってはなりません。
    • 当社以外の第三者、又はその商品若しくはサービスの名称、商標、マーク又はロゴとしての使用
    • 当社商標又はこれと類似する商標の出願及び登録(指定商品及び役務が同一又は類似でないなど、商標法上許容される出願については、この限りではありません。)
    • 当社以外の第三者又はその商品若しくはサービスを表示するものと誤解されるおそれのある態様での使用
    • 当社のサービス等の品質を誤認させるおそれのある態様での使用
    • 当社と第三者との間に何らかの提携、後援、その他の関係があると誤解されるおそれのある態様での使用
    • 当社が第三者又はその商品若しくはサービスを販売し、開発し、推奨し、保証し、承認し、後援し、その他当社が何らかの見解を表明していると誤解されるおそれのある態様
    • 成人向けの内容、賭博を奨励する内容、薬物を推奨する内容、未成年へのタバコ若しくはアルコールの販売又は法令に違反する内容を含む媒体での使用
    • 誹謗中傷、権利侵害、名誉毀損又はわいせつな表現を含む媒体での使用
    • 法令又は公序良俗に反する態様での使用
    • 当社、そのサービス等又は当社商標の信用、価値若又は品位を不当に害する態様での使用
    • 当社、そのサービス等又は当社商標について虚偽の情報を流布する目的での使用
    • 上記のほか、当社商標の識別力を失わせ、又は当社商標に化体された信用を毀損すること
  • 当社は、本ガイドラインとは別に、全部又は一部の当社商標について、その使用に関するマニュアルを制定することがあります。マニュアルが提示された場合には、その対象となった当社商標については、当該マニュアルの記載に従って使用しなければなりません。

4.商標記号

(1)商標記号に関する原則

当社商(shang)標を表記(ji)するときは、媒(mei)体を問わず、原(yuan)則として、 ® 又は ™ の商(shang)標記(ji)号(以(yi)下(xia)「商(shang)標記(ji)号」といいます。)を付(fu)記(ji)してください。

® は、当(dang)(dang)該国の特許庁(ting)又(you)は権限を有(you)する政府(fu)機(ji)関に登(deng)(deng)録(lu)されている商(shang)(shang)標(biao)(biao)に付(fu)記します。 ™ は未登(deng)(deng)録(lu)商(shang)(shang)標(biao)(biao)に付(fu)記します。 ® は登(deng)(deng)録(lu)商(shang)(shang)標(biao)(biao)以(yi)外の商(shang)(shang)標(biao)(biao)には付(fu)記しないでください。外国において、又(you)は外国の商(shang)(shang)標(biao)(biao)に言及する目的(de)で商(shang)(shang)標(biao)(biao)記号を使用する場(chang)合(he)には、必(bi)ず当(dang)(dang)該外国での登(deng)(deng)録(lu)の有(you)無を確認(ren)し、現(xian)地の法令に従って使用してください。登(deng)(deng)録(lu)記号(®)の不適切な使用は、罰則の対象となる場(chang)合(he)があります。商(shang)(shang)標(biao)(biao)の登(deng)(deng)録(lu)状(zhuang)況が不明な場(chang)合(he)は、当(dang)(dang)社までお問い合(he)わせください。

商(shang)標記(ji)号は、商(shang)標に対して上付又は下付にて表示してください。

(2)具体的な表示のルール

具(ju)体的(de)な表(biao)示については、以下のルールに従っていただくよう、お願いいたします。

  • 紙媒体、電子書籍又はウェブサイトにおける表示
    各当社商標につき、文章中の初出の箇所に、商標記号を付けてください。雑誌や寄稿記事を集成した書籍など、媒体が複数の記事から成るときは、記事ごとに、初出の箇所に商標記号を付けてください。
    また、目次、見出し又は図表がある場合は、各目次、見出し又は図表の中で使用される当社商標には、全て商標記号を付けてください。
  • 映像における表示
    各当社商標につき、最も目立つ使用箇所に、商標記号を付けてください。

5.帰属の表示

上記2.(1)の目的で当(dang)社商(shang)(shang)標(biao)を使(shi)用する場(chang)合は、使(shi)用する媒体の適切な箇所(当(dang)社商(shang)(shang)標(biao)が使(shi)用された文章の末(mo)尾、当(dang)社商(shang)(shang)標(biao)が使(shi)用されたページの注記、媒体の冒頭又は末(mo)尾の注記等(deng))において、以下(xia)の例に従い、商(shang)(shang)標(biao)の帰属の表(biao)示(shi)をお願いいたします。

(登録商標の場合)●●は、株式会社ラックの登録商標です。
(未(wei)登録商(shang)標の場合(he))●●は、株式会社ラックの商(shang)標です。

また、上記2.(2)の目(mu)的で当社(she)商(shang)標(biao)を使用する場合にも、可(ke)能な限り上記の表(biao)示を行うよう、ご協力をお願いいたします。

6.本ガイドラインへの違反

本ガイドラインに違反し、それにより当社に損(sun)害(hai)が生(sheng)じた場合(he)は、当該損(sun)害(hai)を賠(pei)償しなければなりません。

7.本ガイドラインの変更等

当(dang)社(she)は、事(shi)前の通(tong)知なく、また、当(dang)社(she)の独自の判断により、本(ben)ガイドラインを変更し、又(you)は廃(fei)止することができるものとします。本(ben)ガイドラインを変更し、又(you)は廃(fei)止した場合は、当(dang)社(she)ウェブサイトへの掲載その他の適切な方法により公(gong)表します。

8.本ガイドラインの適用対象

本(ben)ガイドラインは、当社(she)の販(fan)売パートナー、顧客、ライセンシーその他の第(di)三者に適用されます。

2022年(nian)11月1日制定

メールマガジン

サイバーセキュリティや
ラックに関する情報を
お届けします。

page top